« 2017年11月 | メイン | 2018年01月 »

2017年12月 アーカイブ

2017年12月01日

チャンピオンズカップの予想 ◎ゴールドドリーム

チャンピオンズカップの本命はゴールドドリームで。
なんといってもここまでG1では活躍できていないムーア騎手に期待。
(マイルCS2着のエアスピネルは急遽の乗り替わりでしたから。)

ゴールドドリームにムーア騎手が乗るのは1ヶ月以上前から決まっていたようですし、
今年のフェブラリーステークス勝馬で、ドバイに遠征した後は成績が振るいませんが、
左回りの直線の長いコースと世界屈指の鞍上の力で馬券圏内に来てくれるはず。

相手はコパノリッキー、ケイティブレイヴ、ノンコノユメ、ロンドンタウン、アウォーディー、カフジテイク、テイエムジンソク、サウンドトゥルー、ローズプリンズダム。

3連複1頭軸と
3連単一着固定で勝負!

2017年12月04日

チャンピオンズカップの予想結果 ◎ゴールドドリーム1着

チャンピオンズカップは見事にゴールドドリームが勝利。
馬券も3連複27,350円と3連単158,490円が的中。
いやぁここまですっきり当てたのは初めて?と言ってもよいかも。
ともかく最高の結果でした。
ムーア騎手はさすがですね。しかも勝っても表情がピクリとも動きませんw

ともかく当たったことが嬉しい!ありがとうムーア!

2017年12月08日

阪神JFの予想 ◎ロックディスタウン

阪神JFの本命はロックディスタウンで。
評価したのは前走の札幌2歳ステークス。
このレースを牝馬で連対した馬はレッドリヴェール、アヴェンチュラなどその後G1を獲った馬が多く名を連ねています。
ルメールは香港には目もくれずこのレースに臨むわけですから、当然期待。

相手はラテュロス、マウレア、リリーノーブル、トーセンブレス、ラッキーライラック、ソシアルクラブ、ナディア、コーディエライト。

3連複1頭軸と
3連単一着固定で勝負!

ガミの可能性ありますが・・・!

2017年12月11日

阪神JFの予想結果 ◎ロックディスタウン 9着

本命のロックディスタウンはまさかの9着でした。
直前の調教評価が高くないのは知っていましたが、ここまで惨敗するとは。
正直、今回は仕上げの失敗とでも言うべきか。残念な結果。

勝ったラッキーライラックはロックディスタウンと同じオルフェーヴル産駒。
勝った石橋脩騎手は2012年の天皇賞春ビートブラック以来のG1勝利。
よく考えてみれば、その時の1番人気は8枠18番のオルフェーヴルで、11着に破れました。
今回のラッキーライラックの馬番は11番・・・
偶然でしょうけど、何か因縁めいたものを感じますね。

2017年12月15日

朝日杯FSの予想 ◎ダノンプレミアム

今週は朝日杯。いよいよ暮れになってきましたね。
本命はダノンプレミアムで。
東京マイルをレコード勝ちしたディープ産駒。
これだけで軸にするには十分。ただちょっと人気ですが、しょうがない。
枠もこの馬にとっては良いですが、立ち遅れて2,3着はありそう。

相手はタワーオブロンドン、ケイアイノーテック、アサクサゲンキ、ムスコローソ、ステルヴィオ、カシアス、ダノンスマッシュ、ケイティクレバー。

三連複一等軸と、
3連単1着固定で勝負!

2017年12月18日

朝日杯FSの予想結果 ◎ダノンプレミアム 一着

本命のダノンプレミアムは圧倒的な強さで勝利。
こちらが思った以上に強く、ただただ驚かされました。
馬券が当たったのは良いですが、見事にトリガミw

3連複700円、3連単2630円では・・・
ただ、当たったので良しとしましょう!

来週は有馬記念、その後にホープフルステークスもあり、
年末も忙しいJRA競馬になってきました。

2017年12月22日

有馬記念の予想 ◎レインボーライン

いよいよ有馬記念。さっそくですが本命はレインボーライン。
ずっと追いかけている馬なので初志貫徹で本命に。
今回も8番枠と良い枠を引きましたし、鞍上も今回は出していく競馬も想定するとのことで
期待大でしょう。
来年に向けて賞金を加算したいはずですし、連対以上を期待します。

相手はヤマカツエース、キタサンブラック、シャケトラ、サクラアンプルール、シュヴァルグラン、サトノクラウン、ミッキークイーン、スワーヴリチャード。

3連複1頭軸と
3連単一着固定で勝負!

2017年12月25日

有馬記念の予想結果 ◎レインボーライン8着

レインボーラインは8着でした。
スタートはまぁまぁでしたが、そこから行き足が付かない分、後ろに。
道中はインに入れてじっと待機。直線で外に出してジリジリと追い込むも8着。
444キロの馬体が示すように、もう少し体全体に力が付いてこないと、
2400M以上のG1では、よほど道悪にならない限り厳しいかもしれません。

ただ、いつも頑張ってくれるので今後も応援しようかと思います。

キタサンブラックは強かった。
他馬もキタサンに競りかけるというよりも、
直後に付けて、雪崩こんで着を拾いに行く競馬をしていた印象で
ただただキタサンブラックの強さが光りました。
引退はもったいないですが、今後は種牡馬として良い子供を出して欲しいです。
母方にサクラバクシンオーがいるので、この系統を血統表に残すためにも頑張って貰いたい。

About 2017年12月

2017年12月にブログ「Davidの競馬、情報商材の話」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2017年11月です。

次のアーカイブは2018年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.37