« 2017年02月 | メイン | 2017年04月 »

2017年03月 アーカイブ

2017年03月03日

弥生賞の予想 ◎タンビュライト

弥生賞のメンツをみると例年になく小粒な印象。
去年のように上位が圧倒的に抜けてる存在ではなく、穴を狙えそうな気配。

本命はタンビュライト。
初めての中山ですが、関東への遠征経験もありますしルーラーシップの父は中山得意なキングカメハメハ。
鞍上もルメール、かつ好枠の4枠4番。これだけで問題なく馬券になりそうです。

問題は相手ですね。
このメンバーであれば素質があれば一勝馬でもなんとかなるような・・・
ということでサトノマックスも買います。
人気の盲点のベストアプローチ、血統馬のグローブシアター、
コマノインパルス、ダイワギャグニー、カデナまで広げます。

3連複一頭軸流しと
3連単一着固定で勝負します。

2017年03月06日

弥生賞の予想 タンビュライト3着

弥生賞ですが、タンビュライトは3着にキたものの、
2着のマイスタイルを買い目に入れていませんでした。無念。

勝ったカデナは強かったですが、2着のマイスタイルは展開利もあっての結果だと思うので
本番では果たしてどうか?
ここまでスワーブリチャード、カデナ、レイデオロと強そうな馬は出てきましたが
どれも絶対的といえるほど強いとは思えません。
今年の皐月賞は荒れそうな予感がします。

2週間後のスプリングステークスで新生が現れるか?期待です。

2017年03月10日

フィリーズレビューの予想 ◎レーヌミノル

3歳牝馬の阪神内回り芝1400Mということで難しい一戦。
基本的に内枠は揉まれるので不利、ということで
外枠から一頭実力馬を選ぶならレーヌミノルということになります。
阪神JFでもソウルスターリングの3着と実力はあります。
元々短距離思考が強い血統、実績ですし、この距離は会うでしょう。
むしろ前走は不向きな東京芝1600Mであそこまで粘れば上等。
外枠からスムーズな競馬をするだけで馬券圏内になれるはずです。

相手は2勝馬を中心に。
アズールムーン、ジューヌエコール、ゴールドケープ、ビーカーリー、カラクレナイ。

レーヌミノルから3連複と
3連単は1,2着固定で勝負。

2017年03月13日

フィリーズレビューの予想 的中

フィリーズレビューは3連複、3連単ともに的中。
配当は3連複が2,220円、3連単が9,570円と大きくはないものの当たったのが大きい。
最近は軸馬が確実に馬券圏内に入ってきているので、うれしいですね。

レーヌミノルはこの距離でこそ、という馬だっただけにここで負けたのは痛い。
桜花賞でもあまり期待はできない?人気も落ちそうですが、買って妙味ある馬ではないですね。

しかしデムーロ騎手は絶好調。この勢いはどこまで続くのか?

フィリーズレビューの予想 的中

フィリーズレビューは3連複、3連単ともに的中。
配当は3連複が2,220円、3連単が9,570円と大きくはないものの当たったのが大きい。
最近は軸馬が確実に馬券圏内に入ってきているので、うれしいですね。

レーヌミノルはこの距離でこそ、という馬だっただけにここで負けたのは痛い。
桜花賞でもあまり期待はできない?人気も落ちそうですが、買って妙味ある馬ではないですね。

しかしデムーロ騎手は絶好調。この勢いはどこまで続くのか?

2017年03月17日

スプリングステークスの予想 ◎オールザゴー

スプリングSの本命はオールザゴーとしました。
今年のクラシック戦線は混戦で主役級が中々出てこない中
今回のスプリングSにおいてもサトノアレスはG1勝馬なので人気するのはやむを得ないですが、
それに続く馬たちは500万下を勝ったばかりの馬ばかり。
そこまで信用して良いのでしょうか?

とはいえ曲がりなりにもG2ですから1勝馬では厳しいともいえます。
となればステーゴールド産駒+内枠+先行馬のオールザゴーにもチャンスがあります。
全前走はリズムを崩しての7着でしたが、前走は気分良く逃げて快勝。
スムーズに競馬ができれば、という条件付きですが力はあります。
そして人気が無いのも好印象。鞍上の内田博幸騎手は積極的な競馬をするイメージは無いのですが、
今年に入って好調ですので、これもまた悪くない材料です。

馬券はオールザゴーからシュタルケ騎乗の不気味な一勝馬ストロングレヴィル、モンドキャンノ、エトルディーニュ、プラチナヴォイス、アウトライアーズ、サトノアレス、ウインブライト、トリコロールブルー
と広めの3連複。
それと3連単は1着固定で勝負します。

2017年03月21日

スプリングステークスの予想 ハズレ

本命のオールザゴーはウチパクの中途半端な騎乗で7着。
2番が主張したので仕方ないとはいえ、行き切らないと気性的に気持ちよく走れない事はテン乗りでも知っていたはず。
2番手に控えて制御に戸惑っている時点で馬券圏外を覚悟しました。
ウチパクはいつもあんな騎乗で積極的に乗ってくれない!

結果を出して良いタイミングなのにいつもいつも。判で押したように流れに乗せて
先行して結果、直線伸びず、こんなのが多い。
ダート戦ならそれで良いのでしょうが、馬に合わせた競馬をして欲しいところ。

とはいえ今年はリーディング上位。
芝レースでは正直、重賞は取れないと思いますが・・・
体調は戻ったようなので勝鞍そのものは伸ばしていくのでは。

2017年03月24日

高松宮記念の予想 ◎レッツゴードンキ

高松宮記念の本命はレッツゴードンキ。

基本的に高松宮記念はマイルG1で好成績を残した馬が好走することが多いレース。
スプリント戦と言えどタフな流れになるので自然とマイルG1をこなせるくらいのスタミナが必要なる、ということでしょう。

レッツゴードンキは昨年のこのレースは8着でしたが、思うような競馬ができませんでしたし、
何よりも初スプリント戦でした。そこから経験を積み、スプリント重賞でも3着2回。
そして前走はマイルの京都牝馬ステークスで勝利と勢いもスタミナもあります。
そもそも桜花賞馬ですので実績は十分。

今年こその思いを込めて本命にします。

相手は初スプリント戦も血統背景、実績から穴で面白そうなフィエロ、レッドファルクス、シュウジ、メラグラーナ、ソルヴェイグ、侮れない阪急杯勝ちのトーキング・ドラム、あと大外で楽な競馬ができそうなワンナイスムーン。

レッツゴードンキから3連複流し、
3連単は1着固定で勝負。

2017年03月27日

高松宮記念の予想ハズレました

本命のレッツゴードンキは2着。
道中後ろすぎるかな?と思いましたが、直線は馬場の荒れたインを付いて
しぶとく脚を伸ばして2着。勝ったセイウンコウセイは堂々たる競馬で強かった。
逃げないとダメな馬かと思っていたので軽視してしまいましたが、
前走も番手から競馬で2着でしたし、心身ともに成長していたということでしょうか。

馬券はそのセイウンコウセイを買い目に入れていなかったのでハズレ。
まぁ4着のティーハーフも買えなかったので馬券は完敗です。

来週はG1に昇格した大阪杯。
メンバーも揃いますし楽しみです。

ここからG1が続くので毎週楽しいですね。

2017年03月31日

大阪杯の予想 ◎ステファノス

今年からG1に昇格した大阪杯。本命はステファノス。
今回マカヒキにはルメール騎手が騎乗しますが、ステファノスに騎乗する川田騎手は納得いっていないはず。
実際どういう経緯で今回ステファノスに騎乗するのかわかりませんが、
ダービーを勝たせてくれた、勝たせた馬に乗れないというのは騎手として悔しいの一言では?

おそらく大阪杯でのステファノス騎乗は既定路線だったと見え、
前走の金鯱賞も騎乗しています。
川田騎手からすれば、ここで勝ちたいという気持ちは強いはず。
実力的にもG1を勝っておかしくない実力馬です。

相手はミッキーロケット、キタサンブラック、サクラアンプルール、サトノクラウン、ロードヴァンドール、アンビシャス、ヤマカツエース、マカヒキ。
3連複1と流しと、3連単1着固定で勝負!

About 2017年03月

2017年03月にブログ「Davidの競馬、情報商材の話」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2017年02月です。

次のアーカイブは2017年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.37