« 2016年11月 | メイン | 2017年01月 »

2016年12月 アーカイブ

2016年12月02日

チャンピオンズカップの予想 ◎ノンコノユメ

今週も予想していきます。
◎はノンコノユメとしました。
人気になるようですが、ムーア騎手ですし前年の末脚を思い返してみても
今年も期待できるかと思います。

何回も書いてますが外国人騎手隆盛の時代ですので
デムーロ、ルメールのゴールドドリーム、コパノリッキーは抑えましょう。
加えてアウォーディー、横山騎手のロワジャルダンも。
それと大外枠ですが、戸崎騎手のモーニンも抑えましょう。
戸崎騎手が乗りに来て空振りも考えにくいですからね。

ということで、ノンコノユメからゴールドドリーム、コパノリッキー、アウォーディー、ロワジャルダン、モーニンへの3連複、3連単は1着固定で勝負したいと思います。

2016年12月05日

チャンピオンズカップの予想 外れ

本命のノンコノユメは6着でした。
サウンドトゥルーが勝つとは・・・
珍しく1~3着が日本人騎手となりました。
配当的にも荒れた感じになりました。

外国人祭りかと思いきや、いきなり日本人騎手の寡占となるとは。
ダート界はあまり新勢力が出てこなかった年と考えていいのかもしれませんね。

今週は阪神JF。
ノーザン&社台グループが強いレースですので
今週こそは外国人騎手が何人か馬券圏内に入りそう。
先週、ルメールとデムーロが大人しかったのもきになりますしね。

まぁ兎にも角にも馬券をそろそろ当てたいです。

2016年12月08日

阪神JFの予想 ◎ソウルスターリング

今週は阪神ジュベナイルフィリーズを予想。
毎年の事ですが、2歳牝馬同士の戦いですので、まずちゃんと折り合って走れるかどうかが問題。
改修後の阪神芝1600Mは底力が問われるコースとなって阪神JFは
翌年のクラシックにも直結するようになりました。
このことから考えると距離適性+気性面+騎手の継続騎乗
これらがポイントとなります。

さらに今年は香港国際競走によって上位リーディングの騎手は香港へ。
そんな中、日本に残ったルメール騎手が騎乗するのがソウルスターリング。
この馬は前走アイビーステークス(1800M)を勝利していますし、距離適性も気性面も騎手も問題なし。
ただ、関東馬で輸送が入るのが唯一のウイークポイントか。
しかし、ルメール騎手の状況を考えれば十分本命にできます。

紐はゴールドケープ、サトノアリシア、ジューヌエコール、ディーパワンサ、リスグラシュー、ヴゼットジョリー。
ソウルスターリングの1,2着固定で3連単流しで計60点買いたいと思います。

2016年12月12日

阪神JFの予想 惜しくも外れ

先週の阪神JFは本命のソウルスターリングが1着になったものの、
3着のレーヌミノルを買えずに外れ。
ただ、3連単2番人気だったので、あの点数だとガミでした。
当たらなくて良かったとまでは言いませんが・・・まぁ仕方がないところ。

今週は朝日杯。
阪神開催に変わって2年目ですが、今年も楽しみなメンバーが揃いました。
特に阪神JFをパスした牝馬のミスエルテ。
ソウルスターリングと同じフレンケル産駒、無敗なのも同じ。
2戦の勝ちっぷりから見てもここで通用して然るべしです。
もしここも勝つことがあれば、フランケル産駒の年になりそう。

2016年12月16日

朝日杯の予想 ◎トラスト

今週は朝日杯。
メンバーを見るとどの馬にもチャンスがありそうなレース。
阪神芝1600Mということで、中距離でやれるくらいの馬の方が買いやすいですね。

フランケル産駒の牝馬、ミスエルテは強そうですが、
まだ競馬が上手くないのが弱点。牡馬相手なら切ってみるのも手か。

本命はトラスト。
前走は5着でしたが、このグループの馬は叩いて良くなる傾向が強いですし、
中央の厩舎が栗東というのも珍しい。
しかもマイネルマックスで朝日杯を制したこともあります。
中距離実績がありますし、モーリスと同じスクリーンヒーロ産駒ということもあり期待。

相手はディープインパクト産駒とデムーロ、ルメールを抑えます。
クリアザトラック、タンビュライト、サトノアレス。
これだけだと少ないので中距離実績gああるアメリカズトップも入れて、
トラストから馬連、3連複、3連単一着流しで勝負します。

2016年12月19日

朝日杯の予想 トラストは5着。

朝日杯は外れ。そしてトラストは5着でした。
悪くない競馬で、3着はあるかな、と思いましたが、上位の馬たちは強かった。
狙い通りミスエルテは4着になったのは良いですが、
買っていた馬がサトノアレスのみ。
まさか藤沢厩舎が2週連続でG1を勝利するとは・・・
一時期はG1勝利から遠ざかっていましたが、ここにきて名門復活といったところでしょうか。
よく考えたら去年もチェッキーノがオークスで2着でしたし、復調の気配はあったんですかね。

先週はデムーロ、ルメールはいまいちだったので今週は爆発するかもですね。
今週は有馬記念。
ただ、今年は荒れそうなメンバーでは無いですよね。
買うなら絞って買いたいところ。

2016年12月23日

有馬記念の予想 ◎サトノダイヤモンド

いよいよ有馬記念ですね。
今年は3歳馬がレベルが高い、ということで本命はサトノダイヤモンド。
キタサンブラックは1枠1番とこう枠を引きましたが、さすがに今回は鈴を付けられそう。
マルターズアポジー、サムソンズプライドあたりがいるので楽逃げは難しいでしょう。

サトノダイヤモンドは3歳世代屈指の実力を持つ馬。
キタサンブラックを倒せそうなのはこの馬くらいなので、ここから入りいます。

今年は単荒れはなさそうな雰囲気。
でも1~3着までガチガチも無さそう。

ということで
サトノダイヤモンドを軸にキタサンブラック、サウンズオブアース、マリアライトから
ゴールドアクター、ヤマカツエース、ヒットザターゲット、アドマイヤデウス、サトノノブレスに流す三連複。
この15通りをまず買って、
サトノダイヤモンド1着固定の相手7頭流し42点と
キタサンブラック、サウンズオブアース、マリアライト1着、サトノダイヤモンド2着、3着を7頭に流す18点を購入します!

はてさてレースが楽しみです。

2016年12月26日

有馬記念当たったけれども・・・

有馬記念はサトノダイヤモンドが勝利。
ルメール騎手が感極まっていましたが、それはやはりダービーでマカヒキにハナ差で負けた事が脳裏によぎったからでしょう。
ゴール前ぐいっとサトノダイヤモンドのクビが出たのは勝利への執念が成せる技だったでしょう。

馬券は当たったのですが、安い!
ヤマカツエースが3着ならばトリガミにはなりませんでしたが、
まぁいずれにせよ大した設けにはなりませんでした。

来年はサトノダイヤモンドの年になりそうですね。
キタサンブラックは5際になって成長力がどうか。
今後は現3歳世代が主役になりそうです。
マカヒキ、エアスピネル、リオンディーズ、レインボーラインなどの復帰が待ち遠しいですね。

一週間挟んですぐ金杯ですが、皆さん来年も元気に競馬をやりましょう!

About 2016年12月

2016年12月にブログ「Davidの競馬、情報商材の話」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2016年11月です。

次のアーカイブは2017年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.37